2007年02月04日

「それでもボクはやってない」みてきました♪

悩みに悩んで選んだ、今年3本目の映画は
-----------------------------
「それでもボクはやってない」
-----------------------------

社会問題にもなっている、冤罪をテーマに周防監督が
メガホンを取った話題作だ。

さて、結果は。。。


yattenai001.jpg

簡単な内容は、こんな感じカチンコ
======================================================
『Shall We ダンス?』の周防正行監督が、11年ぶりにメガホンを
取った本格的な社会派ドラマ。電車で痴漢に間違えられた青年が
“裁判”で自分の無実を訴える姿を、日本の裁判制度の問題点を
浮き彫りにしつつ描く。3年もの歳月をかけて“裁判”について
取材した監督が、現代の日本における“裁判”の現実を突きつける
======================================================


まずは、個人的な評価ですが

かなり、面白かったです!!

好き嫌いがはっきり分かれると思いますが、オレは
2時間30分という長さが、まったく気になりませんでした。


ただ、いろんな意味で、終わったあとに”モヤモヤ”したものや
”怒り”みたいなものが残るけど・・。






捕まってしまえば、警察は”白か黒か”の判断はしない。
それは間違いなくクロで、「犯罪者」。

そして、いくら真実を語ろうが、裁判官は国を敵に回すような
「無罪」判決を出すことはためらってしまう。


結局のところ、どちらも裁判が
------------
”面倒くさい”
------------
ということ。


女性に対しての「痴漢」は、確かに卑劣な行為であるし
許される行為ではないけれど、これって。。おそらく
相当数の冤罪が出てるんじゃないのかな?


男である以上、「痴漢」に間違えされる可能性は
ゼロではないし、たとえ無実潔白であっても
痴漢したでしょ!”と女性にいわれてしまえば
人生の歯車はグチャグチャだ。


ここに、いまの日本の裁判制度の大きな問題があるのだと
思った。




家族、恋人、友人・・そして仕事・・

何もかも失ってしまうとしたら・・
--------------------------
あなたなら、どうしますか?
--------------------------

周防監督の、そんなメッセージが聞こえてきそうです。





この映画は、本当にいろんな人に見ていただきたい。
(それも、映画館で!!)

個人的にですが、昨年からあわせても、5本の指に入る秀作だと思います。

ってことで
★★★★★★★★★★★
今回のとくぢまんの採点
★★★★★★★★★★★
90点




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
個人情報の保護もいいけど、電車の中に上からカメラでも
つけとけよ!って感じ。飲酒運転だって、違法駐車だって
無理やりやらないと、絶対にとまらないんだから。

痴漢が、「こいつだ!!」って本当にわかったら
禁固10年、もしくは罰金100万円くらいにしたら
だれもやらないと思うよ。



おっと・・取り乱しました・・・あせあせ(飛び散る汗)



posted by とくぢまん at 22:25| 広島 | Comment(42) | TrackBack(13) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。