2006年02月18日

本当に仮想クロアチア?(VSフィンランド)

日本代表W杯イヤー初勝利♪ ⇒ 関連記事


前回のアメリカ戦をふまえて、システムは3−5−2に
定着。バランス的にはかなり安定し、底からパスを出す
伸二もかなり落ち着いていたのがわかった。



やはり、彼にタメをつくることはかなり重要。
どこぞのTV局風ににいうと”空間の魔術師”という
感じかわーい(嬉しい顔)



だけど、強豪国とするときに伸二があんなに動いたら
もう一人のボランチ(今日は福西)は大変だね。自分も
かなり体力消耗するだろうし・・それとも、そんなときに
中田英を入れるのか?

いずれにせよ、超激戦のボランチ争い。
どのように使うか、選択肢は多いぞ!!


─────
そしてFW
─────
kubo.jpg


久々に久保が得点したが、巻と何回かポジションがダブって
いたので、この辺は修正課題。
(個人的には、ポストプレーヤーがほしいところだが・・)

だけど、まだまだこのポジションは混沌としてから結論を
出すには、まだ早いよ。
(ジーコが、久保にかけてるのはよくわかるけどね)


次、インド戦だから平山とか入れても面白いかもサッカー


・・・・・
・・・・・
・・・・・


っと、まあ内容はこんなところにして
今日の試合、みなさんはどう思われました?



内容だけ見れば、攻めに攻めて勝利。
なのに、あんまり喜べないのはなぜだろう?



W杯イヤーで、あまり時間のないこの時期に
なぜフィンランドを選んだのかが、そもそも疑問。



前回のアメリカは、アウェイということもあったが
W杯に出場を決めている強豪国で、当りも技術も
兼ね備え、攻撃のチャンスすら与えてもらえなかった。




しかしながら、今回のフィンランドは・・



コンディションも悪かったのだろうが、背が高いだけで
秀でたテクニックもなければ、圧倒的なスターがいる
わけでもない。
──────────────────────
しいて言うならば、DFの背が高いくらいか?
──────────────────────


日本が決して、圧倒的に強かったのではなくて
フィンランドが圧倒的に弱かった印象だ。



事実として
フィンランドはW杯に出場するチームではない。
(EUグループ1で、大差で4位)




解説は、しきりに
───────────
仮想クロアチア
仮想オーストラリア
───────────

などとほざいていたが、W杯本戦であんなチームがいたら
大笑いだ。



モチベーションが歴然としている試合は、あまり意味がない。
(負けてるのに、ボールを持って時間稼ぎをするチームだぞ!)


もっと厳しく!もっとシャープに!





今の時期、ピリピリした試合じゃなかったらしないほうがいい。
フランスW杯の時の、教訓を思い出してくれ!日本!
posted by とくぢまん at 22:12| 広島 | Comment(2) | TrackBack(2) | スポーツねた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰です。

小野は面白かったですね。小野があと3人いれば、ブラジルになれると、思いました(笑)

この試合、それのみ!
Posted by ぐらぱち at 2006年02月19日 01:13
TB&コメントありがとうございます。
本戦じゃあんな緩いチームは来ないですからね。
久保と小笠原の得点見て大喜びしているジーコの姿は不安にさせます。(笑)
Posted by ハマヂ at 2006年02月19日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13432045

この記事へのトラックバック

vsフィンランド代表【国際親善試合】
Excerpt:  今年の第2戦目はフィンランド戦。アメリカ戦と比べるとシステムは3-5-2へ戻され、メンバーに坪井、村井、巻という名前が並びました。
Weblog: 音の鳴る木
Tracked: 2006-02-19 00:50

KIRIN WORLD CHALLENGE キリンカップサッカー2006 日本代表vsフィンランド代表
Excerpt: 日本代表 2-0 フィンランド代表得点:久保(日)3min,小笠原(日)12min/後半 警告:イロラ,ハーパラ(フィ)退場:無し観客:40,702人会場:静岡スタジアム エコパ----------..
Weblog: Grampus8
Tracked: 2006-02-19 01:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。