2006年03月01日

際立った中田英の存在感!(vs ボスニア)

 国際親善試合』
日本代表 vs ボスニア 2-2 ⇒ 試合詳細
nakata.jpg


海外組を召集しての、W杯前最後の親善試合!

日本の仕上り具合も気になったが、個人的には
中盤をどのように構成してくるかが楽しみだった。


そして、スタメン発表!


マスコミの予想通り、FWは「久保」と久しぶりの「高原」
──────────────────
中盤には、OHに「俊輔」と「小笠原」
DHに「中田」と「福西」のボックス型。
──────────────────
DHには、いつもどおりの4人が入った。

典型的なブラジルフォメの『4-4-2』だ。


ジーコいわく、コンフィデ時のブラジル戦メンバーで
戦わせて見たかったらしい。(若干動機が不純だたらーっ(汗)




さて、試合はというと
個人的には、かなり面白い内容だったように思う!


その原因は、やはり中盤の安定感が増したこと!

「俊輔」の巧みなパス回しと、「福西」のDH能力は
言うまでもないが、それにもましてキレキレだった

中田英exclamation×2


正確なパス!高速のサイドチェンジ
そして前線へのキラーパス!!


いつから、あのキレを取り戻していたのか
まったくこれまでの報道では、聞いてなかった部分
なので、びびっちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)サッカー






メンバーに関して

正直、オレは”中田は不要”と思っていたのだが
今日の動きを見る限りでは、絶対になくてはならない存在


特にこれは「伸二」にいえることだが
日本の中盤は、パサーといわれる選手が多い! が、しかし・・
ある一定の時間と視野がないと、活躍できないのも事実。


今日の中田も、度々DFまでボールをもらいにいっては
一定の時間をもって、鋭いパスを供給していた。


”底からパスを出せるボランチ”ほど相手に恐怖を与える
ポジションもないだろう。
(ポジション崩さずにパス出せるわけだからね)
この動きが維持できるのであれば、まず当確だね。


そして俊輔は、いまや絶対的な”司令塔”。


底から、パスが出せるヤツがいればマークが分散され
結果として「俊輔」が動きやすくなるという、相乗効果を生む。

そう考えると、現時点で最高の中盤は確かにこのメンバーかも
しれないなぁ。(小笠原はビミョーだけど・・)



しか〜し・・・


どうしても納得いかないのは「久保」の存在。

全体を見渡せているわけではないので、ボールの
ないところでの動きはわからないが、ジーコが
なぜ彼に固執するのかがわからない・・。
──────────────
背の高さ? ポストプレイ?
──────────────
どれをとっても、今ひとつ。


特に、今日のフィジカル面の弱さは
国際経験の少なさが顕著に出ているよ。

もし、今日ぐらいの出来であるならば
正直、W杯のメンバーにはいらない。
もはや、「期待」をする時間帯ではないのだ!


それと、三都主・・

ジーコも、もういい加減にあきらめてほしい。
彼がドリブラーではないことや、DHがおそまつな
ところは知っているだろう。どうせ試すんなら、ぜひ「松井」を
使ってくれ。

※今日出なかったのが、かなり解せない??
今日試合に出てないからって、メンバーから
はずすなよ、ジーコ!!



あとは「伸二」の使い方だなぁ・・。


福西の方が、DFとしては上だし、中田があれだけ
存在感を見せてはねぇ。

W杯のメンバーには入るだろうが、状況次第では
宝の持ち腐れになるかもしれない・・・。


うーん、悩むなぁ(気持ちは監督わーい(嬉しい顔)
posted by とくぢまん at 00:43| 広島 ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | スポーツねた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中盤は、黄金の中盤で最後はいって欲しいですね。高原と久保よりは、高原と柳沢の方が、組み合わせが良いように思えます。久保の場合は、玉田でいって欲しいんですけどね。グラサポ的には。
Posted by ぐらぱち at 2006年03月01日 21:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

日本代表ボスニア・ヘルツゴビナ戦にドロー
Excerpt: 日本代表がボスニア・ヘルツゴビナ代表とW杯でブラジルとの 試合の会場でW杯までに海外組みが出場する最後の試合だ 前半は緊迫したがロスタイムに高原がゴールし日本が先制する 後半はボスニアが..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2006-03-01 09:54

2006年国際親善試合 日本 - ボスニア・ヘルツェゴビナ
Excerpt: 日本 2-2 ボスニア・ヘルツェゴビナ得点:高原(日),ミシモビッチ(ボ),スパヒッチ(ボ),中田(日)警告:三都主,宮本(日)退場:無し観客:8,000人会場:ドルトムント・ウェストファーレン・ス...
Weblog: Grampus8
Tracked: 2006-03-01 21:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。