2006年03月19日

勝敗を分けた選手交代!(WBC vs韓国戦)

WBC日本代表 韓国を下して決勝進出!! ⇒ 詳細記事


────────────
やった〜♪
────────────

前回の韓国戦が見れなかったので、今回はしっかりと
見させてもらいました!




さてさて、結果だけ見れば、6-0の快勝だけど
実際に中継を見ている人は、そうは思わなかっただろう。



それもそのはず・・



これまでと同様に、序盤は得点圏にランナーを進めながらも
あと1本が出ない状況が続いていたからだ。




特に、3回の西岡が放った三塁正面のライナーなどは
不運というしかなく、これまでのいやな流れを引きずって
いるようにも感じた。
(打たされてる感も、あったけどね)




しかし、今回大きく違ったのは選手の気迫だった!


日本のチャンスを待ち、粘り強く投げ続けた上原
MVPといえるし、イチローの積極性も、これまでの試合とは
明らかに違っていた。



───────────────────
そして、ポイントとなった7回の攻撃!!
───────────────────




日本は、先頭の松中が、ライト戦への
強烈な打球を放ち、ヘッドスライディングでのツーベース!
この前の打席で、得点圏にランナーを置きながら、凡退して
いたせいもあって、松中は塁上で自分に気合を入れる。


そして、多村がバント失敗の後、王監督は今江に代わって
不調でスタメン落ちした福留を代打に送った。


fukutome.jpg

ここで、タイトルにも書いているとおり
「勝敗を分けた選手交代」
なのであるが・・




オレが「んっ」と思っていたのは
福留の交代ではなく、その後の場面だ。


結果として福留は代打ホームランを放つわけだが
おそらく、ベンチでは右のサイドスローなので「福留」と
いう選択肢になったものであったろう。


いわゆる”セオリー通り”だ。




しかし、実はポイントになったのは
その後の、小笠原へのデットボールだとオレは思っている。




この回からマウンドに上がった韓国のキム・ビョンヒョンは
福留のホームランで明らかに”動揺”していたのだ。
その結果、”危険球”とも思えるデットボール。




韓国ベンチが、ここでピッチャーを変えていたなら
おそらく、これほどの大差はつかなかっただろう。


しかし、次のバッターは右の里崎



サイドスローのキム・ビョンヒョンからいえば
内角をつまらせてショートへの併殺打という気持ちが
あったに違いない。(もち、ベンチも)

そして、韓国は続投を決断する。

──────
結果は・・・
──────


暴投のあと、里崎は甘く入ったストレートを左中間に
タイムリーツーベース。


韓国はその後ピッチャーを交代するが、決定的ともいえる
3点目が入った後での流れを取り戻すのは、用意ではない。


その裏の韓国の攻撃を、気迫の上原が3三振で抑えたことで
完全に勝負は決まってしまった。





今回のWBCは、まさに高校野球


サッカーのワールドカップと、システムこそ同じでは
あるものの、わずかの差が勝敗を分けている。


しかし、強いチームが必ず勝つわけではないのがスポーツ。
結果だけでは図れない面白さが、そこにはある!!



久々に見た、本気同士のピリピリした試合!
こういう試合がペナントでも続けば、きっとお客さんも
入ってくると思うね。


ここまできたら、ぜひ優勝してくれ!!

wbc.jpg

※福留のホームランで、大騒ぎしてカミさんから怒られた
ガスコインでした。





posted by とくぢまん at 17:52| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツねた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15091567

この記事へのトラックバック

日本、決勝へ。改めてメキシコに感謝。
Excerpt: ☆「歩こう会」で死にそうになった神鳴。 Layerzero一周年記念「反省会」公開中!! ネタ人生フル展開中!神鳴第二のブログ「萌えない日々。」 ○本日の挨拶 ザクロ ザクロ 今..
Weblog: Layer zero 〜恋するオタク高校生が見た世界〜
Tracked: 2006-03-19 19:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。