2006年04月10日

「子ぎつねヘレン」見てきましたが・・

春休みも終わって、子供がぐーんと減ったので
映画もずいぶん見やすくなりました♪


別に、子供嫌いなわけじゃないんだけど
結構マナー悪くて・・・。

お願いだから、映画館では騒がないでね爆弾



さて、それはそうと
国内では話題作のひとつになるのかな?
────────────────
「子きつねヘレン」を見てきました!
────────────────

heren.jpg

まぁ、ぶっちゃけのところいうと・・・


かなりたるい映画です。



あくまでも、オレの主観だからほかの人はどうかわからんけど
「泣かす」ことがメインで作ってるっていう印象。

予告でも出てくる、挿入のメロディーがあるんだけど
悲しい場面になると、必ずっていうほど流れてくる・・


それが、かなりかったるい・・
そんで、かなり長い・・



2時間の映画なんだけど、1時間たったところで
時計見ちまいました。



「キツネがかわそうだよね〜」
「動物ってかわいいよね〜」


って、そりゃあいいんだけど
本当にそれだけ。

たぶん原作は、もっと違う雰囲気あったんじゃないかな〜?





河野圭太監督ねぇ・・。
「古畑任三郎」とかやってる人みたいだけど
次からは、正直考えるね。





ちなみに、泣いてる人はいたよ、結構。

とりあえず、泣かすことメインで考えてる映画だから
ありかもしれないんだけど、オレはひさびさに
スタッフロール中に、退席。


個人的な評価ですが、今年最もはずした映画ッスもうやだ〜(悲しい顔)



子きつねヘレン

子きつねヘレン
posted by とくぢまん at 01:10| 広島 | Comment(1) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
映画「子ぎつねヘレン」ご覧いただき本当にありがとうございます!! あまり気に入っていただけなかったですか・・・残念です。公式ブログにもよかったら遊びにきてください。ヘレンをこれからもよろしくお願いします♪それでは== http://blogs.yahoo.co.jp/kogitsunehelen/
Posted by ヘレスケ at 2006年04月11日 01:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

コンちゃんは永遠の友達
Excerpt: ぼくの家(和歌山県田辺市)では昔 なんと二歳半になるキツネ(オス)が飼われていたんだよ 名前はコンちゃん 名づけ親はおばあちゃん 動物好きなお父さんがもらってきて 熱心に芸を教えたので たった二ヵ月..
Weblog: 素敵なジョナサン
Tracked: 2007-04-05 17:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。