2006年04月23日

「ニューワールド」見てきました♪

予告で興味があったので
前回の予定通り「ニューワールド」を見に行ってきました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


しかし今日は、やたらと若い子が多かった・・。

あんまり多いと、おっさんにはちょっと疲れてしまうん
だけど、お目当ては「チェケラッチョ」のようでした。
(ちょっと安心わーい(嬉しい顔)


さてっと、早速内容だけど

実は、書くのが難しい・・

newworld.jpg

っていうのも、感想ができるような
質の映画じゃないんすよ。



内容は、まったく難しいものじゃなくて
───────────────────────
アメリカの原住民(インディアン)の娘が
入植者として英国から入ってきた”スミス大尉”に
恋をする。そして別れ・・、そして・・
───────────────────────
ってな感じ。



だけども、深いのは「ニューワールド」というタイトルの方で
映画の中にいろんな”新世界”が存在する。




構成は、大きく2つに分かれていて
─────────────────────────
【前半】は、インディアンの娘から見た”ニューワールド”
─────────────────────────
【後半】は、英国人(アメリカ人というべきか?)の女性
      としての”ニューワールド”
─────────────────────────

そして、おそらく監督のいろんな考えでそういう風に
なったんだろうと思うけど・・

言葉”が異常に少ない。


正直前半は、たるいです。



人にものを教えるときには、説明が大事になってくるけども
────────────────
1+1は・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・

どうして、空は青いんだ・・
・・・・・・・・・・・・・

答えは、たぶん”2”だ・・
・・・・・・・・・・・・・

────────────────
というように、シーンが断片的に現れるために
今どういう状況で、どの部分のことを言っているのかが
かなりわかりづらい。




原住民との言葉の壁などの理解できない部分を、ああいう
表現にしたんだと思うけど

”このまま続いたらヤバいな”と、真剣に思ったほどだ。
(いびきかいて、寝てる人もいたし)





しかし【後半】に入ると、新たな出合いや、人間模様の変化で
明らかに”テンポ”があがってくる。

このころになると、ようやくタイトルの意味が
わかり始めたので、しっかり最後まで見ることができました。





他の方の感想を見てないので、わからんけど
かなり評価は、分かれるところじゃないかな。

個人的には、初めて見るタイプの映画だったので
”あり”なのかなとは思ったけど。
ただ、すんげぇ長かったので、2回目はムリふらふらっす

──────────────────────────

次回は、”小さき勇者たち〜ガメラ〜”の予定カチンコ





posted by とくぢまん at 01:50| 広島 ☔| Comment(2) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントありがとうございましたm(_ _)m
映画たくさん観ているんですねぇ〜。
この「ニュー・ワールド」ちょっとわかりにくい映画で、ブログに感想を書くのも大変でした。
大尉がアメリカを去った辺りからのストーリーは引き込まれたのですが・・・。
前半はちょっとつらいものがありますね。
Posted by kerokeroflog at 2006年04月24日 00:41
はじめまして。
コメント&TB失礼します。

>1+1は・・・・・・・・
どうして、空は青いんだ・・
答えは、たぶん”2”だ・・

吹き出しましたw
ん?と一瞬、視線を他に写させるような、
そんな間合いを作品に感じました。
評価は分かれそうですよね。
僕はもう1回、勇気を出して見たいと思います!
Posted by 現象 at 2006年04月25日 00:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16924797

この記事へのトラックバック

THE NEW WORLD
Excerpt: 【ニュー・ワールド】 ---入植者と被入植者の苦悩と交流かな??とはおもったが 一人の女性の恋と愛をつづった【一代】叙事詩であった。 ストーリーとしての盛り上げはなく、じっくりと女の一生を撮っ..
Weblog: 朱色会
Tracked: 2006-04-23 10:51

ニュー・ワールド
Excerpt: ●『ニュー・ワールド』2006年4月22日公開。ハリウッドの問題児コリン・ファレルの主演。テレンス・マリック監督の映像美をポカホンタスでチャレンジ?『シン・レッドライン..
Weblog: 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
Tracked: 2006-04-24 19:38

ニュー・ワールド@ルーブル丸の内
Excerpt: テレンス・マリックが全編、カメラを通してポカホンタスを愛撫しているかのようだった。彼女に触れる指は優しく、情が込められている。スクリーンの特性を生かしてワイドに映るアメリカの原風景が、愛の叙事詩を包ん..
Weblog: ソウウツおかげでFLASHBACK現象
Tracked: 2006-04-25 00:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。