2006年05月15日

「明日の記憶」見てきました!

GWに「海猿」が見れなかった悪夢から一週間。

正直、長かった・・。


こんなに、自分の生活が映画に依存してるとは
正直びっくりっス!




さて、今週の映画は
───────────────
「明日の記憶」 ⇒ 公式サイト
───────────────

ashita.jpg

バリバリの仕事マンだった佐伯雅行(渡辺謙)が
突然、若年性アルツハイマー病に襲われ、人生のすべてが
一変していくという内容。


いつも通りに、正直な感想ですが・・
いい映画だったッス。

ashita2.jpg

どのように表現するのがいいのか、よくわからないけど
今年初めて、映画館で泣きました(それもボロボロと)

ashita1.jpg

ただ、それは”感動”という表現ではなくて
記憶の喪失感というものに対して
───────────────────
「自分だったら、どんな感じだろう・・」
───────────────────
と思っていたら、涙が出ていたという感じ。

いわゆる”悲劇”の話とは全く違います。



自分、同僚、そして家族・・。

これらはすべて、自分の記憶のもとに
なりたっているものであって、それがなくなれば
自分の存在自体がなくなってしまう。


そして、この映画の場合、1人の患者としての視点だけではなく
そこに置かれる家族の視点、そして、仕事仲間の視点など
いろんな角度から表現されていることで、感情移入しやすく
なっているような気がします。





ある情報番組で、アルツハイマーの患者に対して
「大変ですね」とレポーターは問いかけた。

患者は「あなたに、そう問いかけられてなんと答えればいい?」

と答えた・・。


───────────
今、話していること。
今、身近にいる大切な人。
───────────
その記憶がなくなる”恐怖”など、全く想像はできない。

この映画を見るまでは、もしかしたら安易にオレも
言葉にしていたかもしれない。


しかし、今だったら・・
「がんばりましょう!」っていうかな。

自分も含めて、みんないろんな人に助けられてることを
考えさせてくれる、心にズ〜ンと残る映画でした!




※「博士の愛した数式」もしかり、オレはヒューマン映画が
 好きなんだと、いまさらながら実感。(おっさんだ・・)


───────────────────────────

来週は、なんといおうと”ダビンチコード
posted by とくぢまん at 01:45| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

明日の記憶
Excerpt: 夕焼けに染まる部屋の一室。赤く染まる彼の顔には、精気は無い。窓の外の、美しい景色を心の中にとどめようとしているのだろうか。日暮の鳴く秋の初め2010年。一人の女性が多くの写真の貼り付けられたボードを持..
Weblog: 何曜ロードショー
Tracked: 2006-05-15 13:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。