2006年05月31日

本気の試合は面白い♪ 国際親善試合「日本VSドイツ」

さてさて、早朝から行われた
───────────────
国際親善試合「日本VSドイツ」
───────────────
ばっちり見ましたよ〜。



さて、試合内容ですが・・

ご存知の通り、2−2 の 引き分け


W杯まで時間がないということで
完全にベストメンバーを組んできた2チームは
前半から、気合の入ったプレーが続いて、中田が
会見でも言っていたように、まさに
───────
ベストゲーム
───────

見ていても、面白かったッス。


攻撃面 で言えば、やはり高原

地元の利ともいうべき、のびのびしたプレーが
光っていた。特に、ポジショニングがうまくなった
感じがしたなぁ。
takahara.jpg

そして、もう一人のFW柳沢
”見えない動き”と自分で言うように、得点シーンには
必ず絡んでいる。前半の、ワンタッチでのシュートも
正面ではあったが、これまでならトラップしてDFに
潰されて・・・終了というところだ。
ワンタッチの大切さを知っている彼は、必ずW杯で
武器になると信じている。

yana.jpg

そして中盤で言うと、俊輔中田福西
役割分担が、うまくできていた。
ドイツ戦では、中田が上がったときは、俊輔が下がるように
していたようだ。福西も、がっちりと守備をこなしていたし
あそこまで機能すると、ジーコも選手交代しづらいわな。

三都主は、まぁあんなもんだと思うが
交代した駒野のスピードは、ちょっぴり
ビビった。さすがにJリーグで、アシスト王狙うだけのことは
あるよ。十分通用する手ごたえがあったね。


守備面については、賛否両論あるようだが・・

今回は、そんなに悪いとは思わない。なぜなら
流れの中で、完全に切り崩されたのが、おそらく
1度もないからだ。


た〜だ・・

ハイボールと、両サイドのケアはやっぱり課題。

駒野は、抜群に攻撃力があって○なのだが、オーバー
ラップした後に、やはり右サイドが狙われた。
左サイドは、もともとスポットだったこともあって
ケアができていたのだが、加地がいるイメージで試合を
すると、今度はヤバイと思う。

また、高原に変わって入った大黒・・。
フランスで、何を学んでいるのか・・。

後半の中田からのスルーも、トラップして潰され
俊輔から出た、絶妙のセンタリングに中田が落とした
場面などは、来ることすら意識できていなかった。

W杯は、一瞬のチャンスを決められるかが勝負。
高原の1点目も、柳沢のワンタッチシュートも
もう1テンポ遅れたら、必ずDFに潰されている。

それができないんなら、出る機会はないと思ったほうが
いいだろう。



とにかく、攻撃に関しては見えたと思う。

失点をしても、1点でも多くとれば勝ちだし
どんなにかっこわるいシュートでも、決めれば
勝ちなのだ!

この期に及んで

守備意識の徹底
などとぬかしている評論家はほっといて、バンバン点を取りに
行ってくれ!!

頼むぞ!日本!!!
posted by とくぢまん at 13:16| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツねた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。