2006年07月30日

「ゲド戦記」観てきました♪

始まるまでの番宣が多くて、ようやく始まったという
印象の「」。

話題の中心は、宮崎駿の子供、「宮崎吾郎」が監督ということの
ようで、マスコミの騒ぎ方も、内容よりは”話題性”をもとめて
いるようにも見える。

えてして、伝説的な監督を親にもつと、それを超える作品を
出さないと、”最悪”とか”面白くない”いわれがちなのだが
果たして・・・!

─────────────────────────────
─────────────────────────────
─────────────────────────────

で。。映画を観た率直な感想は。。

面白いですよ。

gedo.JPG

─────────────────────────────

予想通り、多くのブログには最初に書いたような
”酷評”が並んでいるわけだけど、そんなことはない。

っつーか・・

これまでの宮崎作品(ジブリ作品)と思ってしまうと
「えっ・・」とは、思うので、それがそうなってしまうのかも
しれないね。


確かに、「ナウシカ」ほどの壮大さはないし
「ラピュタ」のような世界観もない。

だけども、テーマが”生と死なので
同列に並べて評価をする映画ではないです。


──────────────────────────
 ”ハイタカ”の考え、そして影におびえる”アレン”の心。
──────────────────────────

そしてなんといっても、あの「テルーの唄」・・。
コレ ⇒ 「テルーの唄」(サンプル)


いろんな意味で、考えさせられる映画でしたよ。


─────────────────────────────


しいて悪いところをあげるとすれば、言葉が少ないかなぁ。
原作を読んでいないのでわからないけど、序盤はまったく
内容がつかめないから、子供には理解できないというか・・
たぶん、飽きてしまいますね。

見せたいターゲットは限定してもよかったかも知れないと思います。



まぁでも、全体を通して「いい話だな」と思えるので、部分だけを見たり
見ないで言っている人の意見は、無視してください。


笑いは、ひとかけらもありません。
じっくりと、映画を楽しみたい方にはいいと思いますよカチンコ

※今までのシブリ作品とは、思わないようにあせあせ(飛び散る汗)


posted by とくぢまん at 11:47| 広島 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか宮崎アニメの映画って理解するのに時間がかかったりするので、ハウルもいまいち好きになれませんでした
しかし、今回は息子の監督ということで
また違った味があるようですね

この映画は一度みてたくなりました
Posted by shozy at 2006年07月30日 14:28
shozy、コメントさんきゅう。
評価で見ると、ものすごく悪い映画のような書かれ方してるけど、原作がしっかりしてることもあって、内容は悪くないよ。

そこそこ、オレは好きな映画です。
ぜひ、ご覧あれ!
Posted by ガスコイン at 2006年07月30日 17:02
コメントありがとうございました。
酷評されている方々には「ジブリ作品はこうあるべきだ」みたいな固定観念があるのかもしれませんね。
先人の影響を受けつつも、全く同じことはしないのが芸術だと思うのですが(偉そうでスイマセン・・・)。
Posted by ふくちゃん at 2006年08月01日 00:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21645863

この記事へのトラックバック

映画『ゲド戦記』
Excerpt: 昨日から公開の映画『ゲド戦記』を観てきました。今回はネタバレありません。 自分の計画では、公開までに原作(全6巻)を再読して、ついでにそのレビューをブログに書き、その後初..
Weblog: 健康への長い道
Tracked: 2006-07-31 01:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。