2005年03月05日

もりあがる夫婦ケンカ

今年で結婚10年目。

家でのケンカは、毎度のことながら一方的な
カミさんペースで話が進んでいくわけだが
いつからこんなになってしまったかなぁ?
(ただいま、回想中・・・)

新婚当時、少なくともオレのペースで
事は進んでいた。気合でのりきることも
多かったものの、ペースはこちらにあった
ハズ・・と思う。


しかし、転機はおとずれた。
そう、出産だ。


1年目で子供を生んだガスコイン家は
そのときに勢力図が大きく変わる。

ケンカをしようものなら
「子供がおきるでしょ!でかい声ださないでよ!!」
ダラダラと過ごそうものなら
「いいねぇ、休みがある人は」
そして面倒なのでだまってたりすると
「あのときは○○・・・このときは○○・・」
永遠と続くケンカの回想で、必要以上に怒られる
ことになるのだ。

完璧な、政権交代。


”ケンカをするほど仲がいい”なーんていうのは
独身の戯言で、世の男性は何度も続けてきた
自分ペースのケンカを反省することになるのだ。
つまり・・自分主導のケンカなんてないということ。
すべてはカミさんの手のひらで、遊んでいたのだ。

恐るべしカミさん!!(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


しかし10年もやってると
ケンカのパターンや、これからおこるであろう
事態はほとんどの場合、予測がついてしまう。
特に『敗北』の見極めは、年とともに早くなる。

(゚∀゚)キタ━━━!!
っと思うケンカ(勝利)の時でさえも、今後の
ことを考えると、限りなく負けに近い勝利くらいに
しておいたほうが、いい。
(結局は、回想でボコボコにされるのだから・・)


それとタイトルにしたけど、もりあがるのは
『くだらないケンカ』ね。回想シーンにも上らなく
記憶にもそうそう残っていないケンカは、たいてい
すごくもりあがっているはず。

ウチは、納豆に入れる醤油で1時間ケンカしたこと
ある。あまりにくだらなすぎて、人にも話ができないが
たぶんみんなそんなもんだろう。


世のご主人方。
家庭での負け試合は、なれるもの。
胸をはって、負けにいきましょうもうやだ〜(悲しい顔)
posted by とくぢまん at 23:55| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 世の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(-_-)ウウム、そのとうりでございます。
家のばやい、不信任案が否決中・・・
皮一枚でございます。 激(^◇^;)爆
Posted by DOI_chan at 2005年03月06日 09:36
http://www.117.ne.jp/~kure/waga/yometop.html


・・・ここ、今回のテーマにぴったりカモ・・・同情・・・ 
Posted by doi_chan at 2005年03月06日 09:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。