2005年03月10日

検索エンジンの行く末「MARSFLAG」

YahooでもGoogleでもない検索エンジン『MARSFLAG』が
一般公開となった。
関連記事

すでに日本国内は、Yahoo独壇場の市場ではあるが
検索結果を視覚にうったえる手法は可能性と
そして恐怖を感じさせる。


HPやECのページを作る場合、トップページはその店の
顔とも言える部分で、ひじょうに重要なものになっている。
実際に、興味のないページは2秒程度しか見られないと
いうデータもあるほどだ。ゆえに、ページ製作業者は
トップページに並々ならぬ力をいれているわけだが、この
システムが普及した場合、さらに別の問題が発生してくる。


お客が

「サイトにすら訪れない」可能性がある

ということだ。


現在の段階では、ユーザーが検索結果からクリックする
基準とするものは、「テキスト文章」と「上位表示」でしか
ない。

が、しかし・・・


今後、上位に表示された”ページ画像”から

判断されるとなると、今以上にデザインはシビアな構成を
要求される。
文字の大きさ、バナーの貼り方、タイトルなどなど・・。
少なくとも、レベルの低いサイトは見向きもされなくなり
顧客のニーズとうまく合致することのできた

デザイン

のみが生き残ることになるのだ。


ECでメシを食っているあっしにとっては、かなり重要な
問題ではあるのだが、でははたして、このエンジンが
普及するのか!っと言われれば、かなり疑問符。

もちろん可能性はあると思うが、まだまだ検索の結果が
望んだものと程遠い。
独自のクロールを開発しているようだが、とんでもなく
古いページを検索してると思えば、2日前の情報が入って
いたりもする。フレッシュクロールの結果も、Googleとは
まったく違うし、これについては今後も調査をしていく
必要がありそうだ。

まあ、いずれにせよ検索エンジンの業界に打って出た
ことは、すごいと思う!
何日か、遊んでみようっとexclamation×2


posted by とくぢまん at 00:22| 広島 | Comment(1) | TrackBack(2) | 世の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
いまに検索結果の表示にメッセージ性があるのかなんて短絡的に思ってしまいました。製作サイドのスキルアップ・提案力もパワーアップされるのでしょうね。私には及びもしない雲の上のお話ですが・・・。
Posted by ハト at 2005年03月10日 21:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

■火星の土地プレゼント!?
Excerpt: なんと!火星の土地をプレゼントしてくれるサイト発見!MARS FLAG(マーズフラッグ)検索サービスと言うサイトだが、この企画も面白いが、この検索サイトは中々斬新である!何が斬新かと言うと、今までよく..
Weblog: ★めざせ!ポジィティブ ライフ♪
Tracked: 2005-03-10 07:43

選択の自由とポジティブ
Excerpt:     Googleサジェスト β版          MARAFLAG β版 先日、こんな相談を受けました。 「〜〜なことがあって、困ってるの?。どうしたらいいでしょうか?」 唖然とし..
Weblog: ★知るって楽しい!★
Tracked: 2005-03-10 14:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。