2006年09月19日

「出口のない海」観てきました!

日曜日が台風だったこともあり
気を取り直して、月曜にレイト!

今回は、またまた”戦争もの”だけど
山口県出身のオレとしては、なじみの深い「回天」に
まつわるストーリーの『出口のない海』を観て来ました。

回天001


さてさて、早速の感想を・・

────────────────────────
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

まずは・・すごい映画でした。

回天002

国内の戦争映画においては、先の「男たちの大和」のように
その”恐怖”や”残酷さ”をを、で表現したがるものが多い。

しかし、この映画!!

人が死ぬシーンは全く出てこないし、爆撃シーンもなし!

だけど、静かに・・そして、確実に死が迫ってくるという
恐怖を、見事に表現している。
──────────────────────
だれの助けもなく、自分への恐怖との戦い・・。
──────────────────────

ぐちゃぐちゃ映像だけで、中身なしの先の映画とは
全く違います。戦争映画でこんなこというのもどうかと思うけど
面白かった”。

内容は見てほしいので、あえて書かないけど
発射!”の命令が、そのまま””につながる恐怖は
想像を絶するものがあったと思う。

回天003


また、「よし、じゃぁ死んでこい!」っていわれて
死の覚悟して出陣して、また帰ってこれたとしたら・・。

正直、見ていて胸が痛かった・・。


この先、”硫黄島からの手紙”って映画があるけど
今年の戦争映画では、いまのところ一番面白かったですね。


オススメです!!


※先日、はじめて靖国神社にいってきました。
 重々しいその雰囲気は、確かに神として奉られていると
 思わせるに十分な空間でしたが、びっくりしたのは
 その横の資料館に展示してあった、”零戦”。

 鉄板のように薄い装甲で日本が戦っていたことを知り
 改めて、勝てる戦争ではなかったことを実感しました。

 いずれにせよ、苦しさしか残らない戦争はやっちゃだめです・・。
 
 同郷なんですから、頼みますよ!安●さん!!
posted by とくぢまん at 01:13| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

出口のない海
Excerpt: まだ公開中の映画につき、あまり詳しくは書くことはできませんが、 今日の映画は、太平洋戦争末期の日本海軍の特攻兵器、 人間魚雷回天に搭乗した若い日本兵が主人公の映画、 出口のない海です。 主人公の..
Weblog: ゲーム販売サイトユーパラ
Tracked: 2006-10-17 11:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。