2006年10月01日

「涙そうそう」観てきました!

映画の予告に影響されることって、ものすごく
あるんだけど、特にこの「涙そうそう」に関しては
1回目に予告で観たときから
──────────────
「あっ、これ観にいこう!!」
──────────────
と思ってた映画のひとつ。


最近、心にしみるものがなかったので
ぶっちゃけ、かなり期待していきました。

なんと家を出るときには、ハンカチまで持参!
泣く気、まんまんかいっ!!わーい(嬉しい顔)


ってことで、早速感想を。。。
==================================
いつもの通り・・ウソ、偽りなく・・
思ったままにいいますよ。


想像が膨らみすぎた部分もあるかもしれないけど
かなりフツーでした。

うーん。というより、どちらかというとビミョーという表現か・・。


涙そうそう


”ダメ”ってわけじゃないんだけど
なんというか。。内容がうすいんですね。

テーマが”兄弟愛”だから、ああなるのもわからなくはないん
だけど、なんともありふれたというか。。わかりやすいというか。。

軽く涙はでたんだけど、どうしてもひねりがないので
消化不良な感じが否めない。
(うまく表現できないけど、見たらわかります)


ぶっちゃけ、本当に期待しすぎた部分が大きかったからも
あるんだけど、終わり方についても
──────────────
 えー、それで終わんの??
──────────────
って感じで、どーにも納得いかんっ。


長澤まさみは、かわいかったし、演技も新鮮だったから
随分もったいない感がのこりますね。
まぁ、人によって、とらえ方はさまざまだと思うけど
”涙”という意味でいうなら「明日の記憶」のほうが、断然上です。


ただ、何度もいうようだけど
本当に、かわいいね。この子グッド(上向き矢印)
長澤まさみ

軽くファンになったっす。
(体当たり的な演技も、結構すきだなぁ!)


妻夫木くんも、カッコいい役よりは、こういうキャラ
のほうがいいね。特にこのシーンはちょっと、ウルッときました。
妻夫木




よくみたら、これも前々回みた「UDON」と同じ
TV局がスポンサーたらーっ(汗)

今年見た映画でも、TV局が絡んで”充実感”のあった
ものが、記憶にない。今後は、まじでちょっと考えよう。


「TV局がスポンサーで、面白い映画はない!」

あくまで、個人的な法則ですので、あしからず。。。


posted by とくぢまん at 01:26| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24690362

この記事へのトラックバック

「涙そうそう」
Excerpt: 日劇2で昨日公開された「涙そうそう」を観てきました。 「涙そうそう」は歌手の森山良子が他界した兄を想い作詞し、 夏川りみが歌い大ヒットした曲をモチーフにした映画作品。 「いま、会いにゆきます」の土井..
Weblog: ナナシ的エンタメすたいるNet
Tracked: 2006-10-01 18:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。