2006年10月16日

先生を育てた親と、子供を育てた親

「元担任のいじめ」波紋 教師や保護者ら批判と不安
⇒ 関連記事

jiken01.jpg

────────────────────────
オレが中学だったのは、今から23年前。
それから、高校を卒業するまでスポーツ部に所属して
いたこともあって、上下の関係は中学1年のときから
イヤというほど叩き込まれた。


剣道をやれば、竹刀を投げられ・・
防具をつけた背後(死角)から、蹴られたりもした。
卓球をやれば、ネットで縛られたあげく、スマッシュの
的にされたこともある。
陸上をしていたときは、ダンベルをひざにのせての正座。


しかし、その原因は”自分”にあると思っていた。


───────
弱いから。
勝てないから。
───────


2年になった。
先輩がひとつ、卒業した。


自分も強くなった。
大会でもまずまずの成績を残すようになり
自分への”拷問”は、下級生に移った。



3年になった。
先輩は、みんないなくなった。

自分はキャプテンになった。
”拷問”の歴史に、終止符を打った。



だけど・・
なぜか成績は振るわなかった。



すべてが取り除かれて、自由になったというのに・・。
”拷問”がなくなって、クリーンな活動ができると
思っていたのに、それと同時に自分の中に”緊張感”が
なくなっていることに気がついた。


────────────────────────

体罰を容認することはできない。

しかしながら、ぬるま湯の中にいては、一瞬の熱湯でも
許すことはできなくなってしまうのではなかろうか?

社会において、ぬるま湯を維持することは、大変難しく
一瞬の出来事に、反発して生きていくことも難しい。

だからこそ、先生にはもっと権限を与えてほしい!
悪いことをしたときの罰は、罪ではなく、緊張感の
ない空間で、教育が成り立たつわけもない。

jiken.jpg

今回の件は、明らかに先生の過失。
しかし、そんな先生を作った親、そして先生を殴ったり
する子は、オレらの世代が作った。

本当に正しいことを教えるのは、親の仕事。
自分たちで見直していかないと、同じ事件はまだまだ
起こるのではないだろうか・・。
posted by とくぢまん at 23:51| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。