2007年01月28日

「幸せのちから」みてきました!

最近、「感動の〜」ってしきりにやってる番宣が
多いんだけど、おお泣きしたのは『明日の記憶』だけ。


今回の「幸せのちから」も、”感動巨編”とかいわれて
かなり期待度大なんだけど、はたしてどうだろう???


shiawase.jpg

簡単な内容は、こんな感じカチンコ
=========================================================
ホームレスから億万長者となり、アメリカンドリームを実現
させた実在の人物、クリス・ガードナーの半生を描く話題作。
骨密度を測る新型医療機器のセールスマンとして生計を立てる
クリス(ウィル・スミス)は、大儲けを見込んで買い取った
機器を思うように売ることができず、家賃や税金を払えない
状態に陥ってしまう。妻のリンダ(タンディ・ニュートン)
にも去られた彼は、証券会社の正社員を目指して養成コースを
受講しようとするが……。
=========================================================



先週の「ディパーテッド」に続いて、アカデミー賞にノミネート
されている作品だけれども・・・、またもというか・・・

ビミョ〜でした。。




いいたいこともわかるし、「幸せ」っていろいろなかたちが
あるよねってのは、伝わるんだけれども

だらだらと続く、”苦悩”を見せられている時間は
正直、退屈ですらあった。



『アメリカンドリーム』を成し遂げた人物として、アメリカで
評価されているのはわかるが、”人生波乱万丈”を劇場で
見せられても、ちょっとねぇ。。。

だいいち、成功してるからいいけど、子供のことにしろ
やってることは、かなりヒドい。奥さんのほうがよっぽど
堅実で全うな生き方だと思うからね。

───────────────
感性の違いか
今のアメリカ経済がそうさせるのか
───────────────


オレの、こころが荒んでいるのかもしれないけども、全く響いて
くるものがありませんでした。


※この「クリス・ガードナー」という方。
 現在、Gardner Rich & Co社のCEOでいるそうなのだが
 幼少期に、父の再婚相手の母親から、たびたび暴力を
 振るわれていたとのこと。
 その出来事から、「無学」と「弱々しい」ことは避ける
 べきだということを学んだみたいです。

 オレも、10歳の子供を持つ親ですが、大事なんですよね
 幼少期って。。自立する心が育つのか、反抗心が育つのか。。
 親も日々勉強です。



ってことで
★★★★★★★★★★★
今回のとくぢまんの採点
★★★★★★★★★★★
50点

もうみることはないでしょう。。



来週は、「墨攻」「それでもボクはやってない」「どろろ」の
どれかでいきます!!

posted by とくぢまん at 17:28| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32287824

この記事へのトラックバック

幸せのちから DVD
Excerpt: ホームレスから億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた 実在の人物クリス・ガードナーの半生を基に描いた作品。 ガブリエレ・ムッチーノが監督を務めています。 これまでアクション作品での活躍が多か..
Weblog: 噂の情報屋
Tracked: 2007-05-30 19:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。