2005年11月20日

ちょっぴり、涙でた・・(東京国際マラソン)

高橋選手(Qちゃん)が、東京国際女子マラソンで見事復活♪⇒関連記事


2年前・・下馬評では、ダントツの力を持っていた彼女が
まさかの失速で2位に終わった「東京国際女子マラソン」。

このレースを「復活」レースに選ぶには、相当な勇気が
いったはずだ。



実は、サッカーばっかり書いてるけど、オレも高校まで陸上部で
長距離走ってた一人。そして期待されながらも、まさかの大ブレーキも
経験したことがある。(大きな大会ではないけどね)

だから失敗したレースをまた走ることが、どれだけ大変かは
少しだけわかるつもりだ。

彼女は、優勝会見で「やめてしまおうと思った」と何回か口に
していたが、前回の失敗がどれほど精神的なダメージになって
いたかは、想像できる。練習を何度繰り返しても、そのときの
風景やイメージが頭から離れず、どれが満足な練習かがわからなく
なるのだ。

あげくには練習過多による疲労骨折をも引き起こし、マスコミは
容赦なくバッシングを浴びせる。


”高橋の時代は終わった”


何回、そんな記事を目にしただろうか・・・


しかし、彼女は”復活”した!

決して満足のいくタイムではないし、故障もしていた。
万全の状態ではなかったにしても、自らが勝負にこだわり
レースを組み立てにいったのだ!


30代になって、スポーツで涙したのは
サッカーW杯が決まったとき以来かな・・。

ちょっぴり感動して、トラウマを払拭した彼女が
すこしうらやましくもあった。


いずれにせよ、これまで見たマラソンの中でも
3本の指に入るであろう、いいレースだった!

takahashi_win.jpg


※レース後の会見で「なんで前回あんなに苦しかったのかな?」
 っていってたのが、まさにブレーキ。オレも、いまだに原因が
 わからないもん。マスコミは、「ガス欠」なんていってたけど
 どうだろうね〜。「あれっ?」と思ったら、すぐだかんね〜。
 本当にレースは最後までわからない・・。
 だから、面白いんだけどねるんるん
posted by とくぢまん at 23:18| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツねた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Qチャン良かったですね♪
なんだか感動しちゃいました。
Posted by shiki at 2005年11月21日 16:27
トラックバックありがとうございます。

Qちゃんのゴールシーンは当日はオンタイムでは見られませんでしたけど、
(当日は外出していたため)
ニュース番組で見るたびに私も感動しました。
前日に告白した肉離れの痛みなんてどこに行っちゃったんだろう?
とにかく、今後の活躍が楽しみになりました。
目指せ、北京へ!と応援したいと思います。
Posted by ともたん at 2005年11月21日 20:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。