2006年07月30日

「ゲド戦記」観てきました♪

始まるまでの番宣が多くて、ようやく始まったという
印象の「」。

話題の中心は、宮崎駿の子供、「宮崎吾郎」が監督ということの
ようで、マスコミの騒ぎ方も、内容よりは”話題性”をもとめて
いるようにも見える。

えてして、伝説的な監督を親にもつと、それを超える作品を
出さないと、”最悪”とか”面白くない”いわれがちなのだが
果たして・・・!

─────────────────────────────
─────────────────────────────
─────────────────────────────

で。。映画を観た率直な感想は。。

面白いですよ。

gedo.JPG

─────────────────────────────

予想通り、多くのブログには最初に書いたような
”酷評”が並んでいるわけだけど、そんなことはない。

っつーか・・

これまでの宮崎作品(ジブリ作品)と思ってしまうと
「えっ・・」とは、思うので、それがそうなってしまうのかも
しれないね。


確かに、「ナウシカ」ほどの壮大さはないし
「ラピュタ」のような世界観もない。

だけども、テーマが”生と死なので
同列に並べて評価をする映画ではないです。


──────────────────────────
 ”ハイタカ”の考え、そして影におびえる”アレン”の心。
──────────────────────────

そしてなんといっても、あの「テルーの唄」・・。
コレ ⇒ 「テルーの唄」(サンプル)


いろんな意味で、考えさせられる映画でしたよ。


─────────────────────────────


しいて悪いところをあげるとすれば、言葉が少ないかなぁ。
原作を読んでいないのでわからないけど、序盤はまったく
内容がつかめないから、子供には理解できないというか・・
たぶん、飽きてしまいますね。

見せたいターゲットは限定してもよかったかも知れないと思います。



まぁでも、全体を通して「いい話だな」と思えるので、部分だけを見たり
見ないで言っている人の意見は、無視してください。


笑いは、ひとかけらもありません。
じっくりと、映画を楽しみたい方にはいいと思いますよカチンコ

※今までのシブリ作品とは、思わないようにあせあせ(飛び散る汗)


posted by とくぢまん at 11:47| 広島 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

くだらねぇタレントだ(ニッポン放送問題)

ニッポン放送が、ライブドア傘下になったら
降板するなどと、複数のタレントがぬかしてるようだ。
→ 関連記事

正直、この記事をみて失望した。


新しい物に挑戦したり、ぶつかっていきたいと
いう気持ちが、ヤツらにはないのだろう。
別に、オレはライブドアすきじゃないけど

新しいものを作り出すという意味では
おもしろいと思っている。
(IT業界にたずさわっているのもあるが)

ラジオが全盛だった昭和初期に、テレビが導入され
業界は大きくかわった。その際にも、反抗勢力がいて
同じようなことがおきたと聞いているが、ここに出ている
タレントは、そのときから変わらない過去の遺物
いっていいだろう。

まだ何をしたわけでもないのに、なにやってんだか・・。
でも、こういうやつに限って、数年後に

こうなると思ってましたよ
なんて、平気でいうぞ。たぶん・・。
posted by とくぢまん at 11:28| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

いくら寝ても眠い・・

インフルエンザで体調を崩してから
急激に睡眠時間が増えた。

っつーか、家に帰ってから寝るまでは
ずっとパソコンの前に座っていたんだが
今は、電源入れる気にもならねえ。

23時くらいになると、妙に布団が恋しく
なって、23時30分には就寝。
朝8時まで寝てるので、実に8.5時間も
寝てるわけだ。

しかし、必ずといっていいほど
真夜中の2時と、朝6時に目が覚める。
年をとっただけなのか、体のバランスが
崩れているのか・・う〜ん。

そういえば、今月だけで4`痩せている
ことに気づいた。かかりつけの気孔の先生
いわく

「食べたくないときには、食べない
 それが、自然よ!」

だそうだ。

寝ても疲れがとれないのは、ジジィな証拠
なんだろうが、この日中の脱力感がどうにか
ならないものか・・。
もしかして、鼻水ガンガンでてるし花粉症かっ?
posted by とくぢまん at 18:30| 広島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

溶連菌感染症・・その後

なにをかくそう
水曜日からインフルエンザにかかっていた。

検査の結果「香港A型」。B型に比べるとこちらの
ほうがきついようだ。
2週間くらい前に、子供の「溶連菌感染症」に
ついての記事を書いて「抗生物質を飲まない」と
断言したが、別の病気で飲まざるをえなくなった
わけだ。

しかしよく考えると、あれから「咳」が出ていて
インフルエンザがひと段落した今でも、直って
いないことにきずいた。さすがに長いので、今度は
耳鼻科へ行ってみる。

すると・・

「中耳炎になりかかってます。耳、ちゃんと聞こえます?」
そういえば、前日から片方の耳に水がはいったままのような
状態だ・・。

「それに、副鼻腔炎の可能性もありますね。のども赤いね〜」

結局、薬が9種類。
サプリメントでも、こんなに飲まねーぞ。

ってわけで、前回の正解は「耳鼻科に行く」が正解だった
ようです。

みなさんもおかしいと思ったら、すぐに専門医に見てもらう
ことをオススメしますよ。マジつらいから・・ゲホッゴホッふらふら
mask.jpg
posted by とくぢまん at 23:59| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

溶連菌感染症?

数日前から、子供が熱を出していて
病院に連れて行くと、溶連菌感染症
耳慣れない病名を聞かされた。

子供によく出るものらしいのだが、どうやらオレも
かかったらしい。仕事の関係上、休むわけにもいかず
出勤しているが、猛烈な鼻水と咳がでる。

今デスクの横には、どでかいゴミ袋がおいてあり
中身はティッシュでチョモランマ状態。
まだまだこの山は大きくなりそうだが、治すには
「抗生物質」を飲み続けなければいけないらしい。


んっ、ちょっと待て・・

先日、TVで「抗生物質は百害あって一利なし」って
やってたぞ。TVの内容よく見てなかったから
なにがなんだかわからないけど、この言葉だけが
耳にこびりついている。

まあ、自己治癒力を高めろっていうし
もう少しこのままいってみようと思う。

さぁ、吉とでるか凶とでるか・・ふらふら


その後の結果は、コチラ ⇒ 溶連菌感染症・・その後
posted by とくぢまん at 13:21| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。