2005年03月26日

トラップミスとシステムの熟成度(イラン戦から)

1−2で、イランに敗北・・。

不可解な采配もあり、へんてこなピッチ状態もありだが
アウェイとはこんなもの。特に気にはならないが
今日の敗北の原因は、タイトルのとおり

トラップミス



システムの熟成度

ではないかと思う。

まずは、カウンターの原因ともなったトラップの件だが
ピッチがスリッピーであったことを差し引いても
あまりにも・・・であった。

イランには「カリミ」と「マハダビキア」という
ドリブラーがいたが、2人ともトラップにミスが
ない。ホームであることも、影響しているが詰めが
早い試合では、トラップミス=インターセプト
意味する。

前半、小野がしきりにワンタッチでボールを出して
いたのは、すべる芝に対しての対応策だったと思わ
れるが、それをもらった選手が大きくボールをはじいて
しまっては、勝てる試合も勝てないわな。


そしてシステムの熟成度
まず、たぶんマスコミに戦犯扱いされる中田だが
そんなに悪くはなかったと思う。ただ、決まりごとが
定まっていないために、ポジションが何度もかぶっていた
ことが悔やまれる。
また4−4−2の中盤は、トータルフットのように
渦を巻くように選手が移動する。しかし今日の試合では
どこに誰がいるのかがよくわからないまま進んでいた
ような印象をうけた。

「小笠原」の交代は、まさにその表れ。
中盤の一番目立つ位置にいながら、いたことすら
思い出せない。おそらく、ほとんどボールに触って
いないはずだ。

これこそが、システムの熟成度
練習不足なのであろう。

おそらく、バーレーン戦では3−5−2に戻すと思われるが
ここにきての修正。はたしてうまく戻るのだろうか?

勝ち点3のままで、現在3位。
北朝鮮は終わってるとして、団子の状態が最後まで
続いていきそうな雰囲気だ・・。うぅ、胃がふらふら

iran.jpg

■本日の収穫!!
柳沢がフィジカル強くなってたexclamation
あのドリブルシュート、これまでなら絶対倒れてる。
posted by とくぢまん at 01:22| 広島 | Comment(1) | TrackBack(3) | スポーツねた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

くだらねぇタレントだ(ニッポン放送問題)

ニッポン放送が、ライブドア傘下になったら
降板するなどと、複数のタレントがぬかしてるようだ。
→ 関連記事

正直、この記事をみて失望した。


新しい物に挑戦したり、ぶつかっていきたいと
いう気持ちが、ヤツらにはないのだろう。
別に、オレはライブドアすきじゃないけど

新しいものを作り出すという意味では
おもしろいと思っている。
(IT業界にたずさわっているのもあるが)

ラジオが全盛だった昭和初期に、テレビが導入され
業界は大きくかわった。その際にも、反抗勢力がいて
同じようなことがおきたと聞いているが、ここに出ている
タレントは、そのときから変わらない過去の遺物
いっていいだろう。

まだ何をしたわけでもないのに、なにやってんだか・・。
でも、こういうやつに限って、数年後に

こうなると思ってましたよ
なんて、平気でいうぞ。たぶん・・。
posted by とくぢまん at 11:28| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

展開が予想できない・・(W杯最終予選、イラン戦前夜)

どこの記事を見ても、先発でヒデは決定みたい。
(相変わらずの、ジーコのはやい発表・・)

システムは4−4−2とのことだが
どうも、気になることがひとつ。

それは、このシステムでの

いいイメージが、予想できないこと。

思えば「黄金のカルテット」と呼ばれ
82年ブラジルの再現とも言われたジーコジャパン
だったが、自慢の中盤ばかりが目立ったことで
全体のバランスがとれず、システム変更を余儀なく
された。

その後も、何度か後半から4−4−2システムを
採用しているが、両サイドバックがあがった後の
フォローがうまくいかず、やはりお蔵入り。

監督に就任当時、ジーコは何度も言っていた。
スターは共存する!と。。

しかし、それは昔の話。

当時は、現在のように直前になってから緊急収集する
といったスタンスではなかったハズなので、じっくり
システムは熟成されていたのだ。

だが、今回は約3日の練習で、4−4−2でしょ。
大事な試合なだけに、正直、不安でいっぱいだぞ〜。

おそらく後半から、俊輔が中盤の3−5−2もあると
思うが、声が聞こえないピッチで、どれだけ急造の
システムが機能するだろうか・・

やべぇ、仕事できそうにねえぞあせあせ(飛び散る汗)
zico.jpg
posted by とくぢまん at 00:36| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツねた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

情報戦だなぁ・・イラン戦まであと5日

いよいよ1週間をきったW杯最終予選だが
新聞各社をふくめ、情報戦になってきた。

その中でも、話題となっているのは

やはりヒデだろう。

久々に日本代表に召集されたことで、カルテット復活と
いわれているが、さっきふと思ったことがある。

・・もしかするとジーコはイランに対する

混乱を期待しているのではなかろうか・・


W杯は、知ってのとおりだましあいの連続である。
今回8年ぶりに、イラン代表に「アジジ」が選ばれた
ことを見てもあきらかで、相手に少しでも影響を与えられ
れば、それまでのメンバーも変えてしまうのだ。
(確実に先発はないし、大して脅威でもないが・・)

イランにとっては、確実にヒデは脅威の対象。
”ヒデ”の名前はヨーロッパで最も知られている
日本人であるし、「どこで使う?」なんて特集が
国内でも作られているほどだ。

これを相手が気にしないわけはない。


思えば、前々回W杯を決めたイラン戦では
アジジが前日練習でケガをしたという情報が
新聞に載っていたが、実際はシバイだった。
そして、これを支持したのはブラジルコーチ。


ジーコもブラジル人・・基本的に策士なのよ
あの国は。



中田が入れば、戦術も変わるし、マークも変わる。
そしてベンチにいるだけで脅威にもなる。

彼の存在が”最高の隠しだま”になるときに
日本はもっとも輝けるかもしれない・・。
(本日の予想:中田はベンチで、後半から起用)
posted by とくぢまん at 00:51| 広島 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | スポーツねた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

イラン戦のキーマンは、中田か?

相変わらず、ジーコの早い判断には驚かされるが
今回の注目は、『中田復帰』だっただろう。

へっぽこなマスコミどもは、競うように

「中田は必要?」

「いやっ、国内組だ」


などと、くだらない議論をしているが
間違ってほしくないのは、ジーコは試合に出すとは
いってないこと。
見てから決めるっつーことでしょ。

今回の最終予選の場合、イラン戦の5日後に
日本でのバーレーン戦があるし、体調を維持する
ためには、今回の欧州組召集は容易に想像できた。
(サッカーファンであれば)

ただ今の中田がチームの中で機能するかが最大の
難点であっただけ。過去の戦績は、大して重要

ではなく、問題は勝てるための戦力
どうかということだけなのだ。


監督の考えもサポーターの考えも、最終的には
『勝てるかどうか』のみ!
そこに、温情は存在しない。


ところで、イラン戦のキーマンだが
少なくとも、今の時点では「中田」ではないとオレは
思う。なんたって、出てなかった時期が長すぎるし
キャプテンシーなら宮本で十分こなせるからだ。


じゃあ・・ってことになるのだが

今回のイラン戦でのポイントは、個人的に

ボランチだろうと思っている。
欧州で名前が知れている俊輔や中田はトップ下に入ると
確実につぶしにこられる。
(それに耐えうるだけのフィジカルはやはり、中田かも・・?)

そのときに、下がり目の位置から、前線にパスを出せる
視野の広いボランチ。

つまり『伸二』が、キーマンだろうと思う。

五輪でもそうだったが、彼の視野の広さは日本代表では
トップクラスだ。ボールをある程度もてるボランチなら
伸二の能力は最大限に発揮できるし、FWへのパスも
供給できる。

オランダでは、ボランチは深めのOHのような役割で
前線への飛び出しも多い。トップ下(たぶん俊輔)で
ボールが落ち着かないときには、下がり目から伸二が
飛び出して、前線にパスが配給できれば、勝利の可能性は
随分と広がるハズだ。

こればっかりは、フタをあけてみないとわからないが
今度は「あっさり」勝ってくれることを期待したい。

もう北朝鮮戦みたいなのは、カンベンねサッカー

nakata.jpg
posted by とくぢまん at 00:59| 広島 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | スポーツねた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

検索エンジンの行く末「MARSFLAG」

YahooでもGoogleでもない検索エンジン『MARSFLAG』が
一般公開となった。
関連記事

すでに日本国内は、Yahoo独壇場の市場ではあるが
検索結果を視覚にうったえる手法は可能性と
そして恐怖を感じさせる。


HPやECのページを作る場合、トップページはその店の
顔とも言える部分で、ひじょうに重要なものになっている。
実際に、興味のないページは2秒程度しか見られないと
いうデータもあるほどだ。ゆえに、ページ製作業者は
トップページに並々ならぬ力をいれているわけだが、この
システムが普及した場合、さらに別の問題が発生してくる。


お客が

「サイトにすら訪れない」可能性がある

ということだ。


現在の段階では、ユーザーが検索結果からクリックする
基準とするものは、「テキスト文章」と「上位表示」でしか
ない。

が、しかし・・・


今後、上位に表示された”ページ画像”から

判断されるとなると、今以上にデザインはシビアな構成を
要求される。
文字の大きさ、バナーの貼り方、タイトルなどなど・・。
少なくとも、レベルの低いサイトは見向きもされなくなり
顧客のニーズとうまく合致することのできた

デザイン

のみが生き残ることになるのだ。


ECでメシを食っているあっしにとっては、かなり重要な
問題ではあるのだが、でははたして、このエンジンが
普及するのか!っと言われれば、かなり疑問符。

もちろん可能性はあると思うが、まだまだ検索の結果が
望んだものと程遠い。
独自のクロールを開発しているようだが、とんでもなく
古いページを検索してると思えば、2日前の情報が入って
いたりもする。フレッシュクロールの結果も、Googleとは
まったく違うし、これについては今後も調査をしていく
必要がありそうだ。

まあ、いずれにせよ検索エンジンの業界に打って出た
ことは、すごいと思う!
何日か、遊んでみようっとexclamation×2


posted by とくぢまん at 00:22| 広島 | Comment(1) | TrackBack(2) | 世の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

もりあがる夫婦ケンカ

今年で結婚10年目。

家でのケンカは、毎度のことながら一方的な
カミさんペースで話が進んでいくわけだが
いつからこんなになってしまったかなぁ?
(ただいま、回想中・・・)

新婚当時、少なくともオレのペースで
事は進んでいた。気合でのりきることも
多かったものの、ペースはこちらにあった
ハズ・・と思う。


しかし、転機はおとずれた。
そう、出産だ。


1年目で子供を生んだガスコイン家は
そのときに勢力図が大きく変わる。

ケンカをしようものなら
「子供がおきるでしょ!でかい声ださないでよ!!」
ダラダラと過ごそうものなら
「いいねぇ、休みがある人は」
そして面倒なのでだまってたりすると
「あのときは○○・・・このときは○○・・」
永遠と続くケンカの回想で、必要以上に怒られる
ことになるのだ。

完璧な、政権交代。


”ケンカをするほど仲がいい”なーんていうのは
独身の戯言で、世の男性は何度も続けてきた
自分ペースのケンカを反省することになるのだ。
つまり・・自分主導のケンカなんてないということ。
すべてはカミさんの手のひらで、遊んでいたのだ。

恐るべしカミさん!!(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


しかし10年もやってると
ケンカのパターンや、これからおこるであろう
事態はほとんどの場合、予測がついてしまう。
特に『敗北』の見極めは、年とともに早くなる。

(゚∀゚)キタ━━━!!
っと思うケンカ(勝利)の時でさえも、今後の
ことを考えると、限りなく負けに近い勝利くらいに
しておいたほうが、いい。
(結局は、回想でボコボコにされるのだから・・)


それとタイトルにしたけど、もりあがるのは
『くだらないケンカ』ね。回想シーンにも上らなく
記憶にもそうそう残っていないケンカは、たいてい
すごくもりあがっているはず。

ウチは、納豆に入れる醤油で1時間ケンカしたこと
ある。あまりにくだらなすぎて、人にも話ができないが
たぶんみんなそんなもんだろう。


世のご主人方。
家庭での負け試合は、なれるもの。
胸をはって、負けにいきましょうもうやだ〜(悲しい顔)
posted by とくぢまん at 23:55| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 世の中のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

いくら寝ても眠い・・

インフルエンザで体調を崩してから
急激に睡眠時間が増えた。

っつーか、家に帰ってから寝るまでは
ずっとパソコンの前に座っていたんだが
今は、電源入れる気にもならねえ。

23時くらいになると、妙に布団が恋しく
なって、23時30分には就寝。
朝8時まで寝てるので、実に8.5時間も
寝てるわけだ。

しかし、必ずといっていいほど
真夜中の2時と、朝6時に目が覚める。
年をとっただけなのか、体のバランスが
崩れているのか・・う〜ん。

そういえば、今月だけで4`痩せている
ことに気づいた。かかりつけの気孔の先生
いわく

「食べたくないときには、食べない
 それが、自然よ!」

だそうだ。

寝ても疲れがとれないのは、ジジィな証拠
なんだろうが、この日中の脱力感がどうにか
ならないものか・・。
もしかして、鼻水ガンガンでてるし花粉症かっ?
posted by とくぢまん at 18:30| 広島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

やんちゃな盛りのダルビッシュ

禁煙の写真を取られて、強制送還 → 関連記事

高校生の喫煙の記事をスクープするとは
マスコミもえげつないことをするが、当の本人は
どんな風に考えているんだろう?

高校球児としては、申し分のない体格と
高い身長から投げ出されるボールは、高校レベル
では、たしかに打つのが難しかったろう。
しかし、それは高校生なら・・だ。

少なからず「敵はいねえ」みたいな感覚があったの
ではないだろうか。周りからチヤホヤされ、未来の
エースだとまで言われてみるも、ふたを開けてみれば
まだ、自分は高校生だったのだ。

喫煙もだめなら、飲酒も許されてはいない。
(守ってるやつがいるかどうかは別にして・・)

大人の世界に入ると、対等に見られたいという欲望と
誤った個性で主張したがるものが出てくる。
しかしプロの世界では、結果以外は求めない。
どんなにビックマウスでも、結果を残せばOK。
逆に、残せなければ相手にもされなくなる。

ダルビッシュが、どんな高校生活を送っていたかなんて
どうでもいいことだが、新人選手は2〜3年活躍でき
なければ、お払い箱になるということも覚えておいた
ほうがいい。

そして、そういう選手のほうが多いということも・・。
daru.jpg
posted by とくぢまん at 00:07| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツねた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

溶連菌感染症・・その後

なにをかくそう
水曜日からインフルエンザにかかっていた。

検査の結果「香港A型」。B型に比べるとこちらの
ほうがきついようだ。
2週間くらい前に、子供の「溶連菌感染症」に
ついての記事を書いて「抗生物質を飲まない」と
断言したが、別の病気で飲まざるをえなくなった
わけだ。

しかしよく考えると、あれから「咳」が出ていて
インフルエンザがひと段落した今でも、直って
いないことにきずいた。さすがに長いので、今度は
耳鼻科へ行ってみる。

すると・・

「中耳炎になりかかってます。耳、ちゃんと聞こえます?」
そういえば、前日から片方の耳に水がはいったままのような
状態だ・・。

「それに、副鼻腔炎の可能性もありますね。のども赤いね〜」

結局、薬が9種類。
サプリメントでも、こんなに飲まねーぞ。

ってわけで、前回の正解は「耳鼻科に行く」が正解だった
ようです。

みなさんもおかしいと思ったら、すぐに専門医に見てもらう
ことをオススメしますよ。マジつらいから・・ゲホッゴホッふらふら
mask.jpg
posted by とくぢまん at 23:59| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。